生理前や生理になるとニキビができるのはなぜか

 

生理になると、というか生理の一週間ぐらい前からニキビができるのですが、なんで生理になるとニキビができるのでしょうか。また生理でもニキビや肌荒れにならない人の違いを教えてください。

 

生理でニキビができるのはプロゲステロンのせい?

 

生理の時にニキビができるのは本当に嫌ですよね。
ニキビはできなくても肌荒れになる方もいます。
生理の際は肌のレベルが一段階下がるといいいましょうか。

本当にどうにかならないのか、、、、」と女性なら誰しも思っていると思います。

 

おそらく生理なので女性ホルモンが関係してくるのでしょうが、実際どうなっているのでしょうか。
で、たぶん何回か見たことがあるこの図です。

 

生理周期と男性ホルモンの図

こちらから参照しました。)

 

生理の前からエストロゲン、プロゲステロンが下がってますよね。
難しい話はしたくないので、簡単に言うとどっちも女性ホルモンです。

この女性ホルモンがあるから私たちは女性らしくいられるのですね。
肌がきれいなのも女性ホルモンのおかげです。

 

その女性ホルモンが生理の時には下がるとなると、、、、
当然肌荒れになりますよね

 

じゃあこの女性ホルモンがどんな働きをしてるの?ということですが、エストロゲンは女性らしさの象徴と思ってもらってもかまいません。
で、このエストロゲンは皮脂の分泌を抑制する働きがあります。

 

じゃあなんで生理の時にニキビはできるの?

 

これについては正確には科学的にまだわかっていないのですよね。

だから皮膚科の先生に聞いてもネットで調べても何種類かの考え方というか仮説があります。

 

有力な考え方その1

プロゲステロンには男性ホルモンに似た皮脂分泌を促進する働きがあるから

 

生理の1,2週間前からこのプロゲステロンだけ徐々に増えていって、生理が始まったら減っていきますよね。
だから生理前、生理付近になるとニキビができるのはこのプロゲステロンのせいだとの考えです。

 

 

有力の考え方その2

生理の時には女性ホルモンに対して男性ホルモンが相対的に増えるから

 

女性ホルモンばかりに目がいきがちですが、当然男性ホルモンも常に分泌され続けています。
生理を挟んで乱高下する女性ホルモンとは違って男性ホルモンはほぼ一定なのですよね。

生理の時は皮脂抑制の働きがある女性ホルモンのエストロゲンが減ります。
ただエストロゲンが減っても皮脂分泌を促進する男性ホルモンは一定なので、相対的に男性ホルモンが優位に働いているからだという考えです。

 

そもそもなんでニキビはできるのか

 

なぜ生理の時にニキビができるのか、について現在有力な考え方を書きましたが、実際まだまだホルモンとニキビの関係についてわかっていないのですよね。

もちろんこうかもしれない、という仮説はたくさんありますよ。
ただ科学的に証明されていないのは事実です。

 

だから調べても上に挙げたような考え方が書かれています。
でそれを見る私たちは「いったい何が正しいのだ」と迷ってしまいます。
まぁニキビ業界の最前線に立っていると思ってください。

生理ですから、ホルモンが関わっている事は間違いありません。ただそのメカニズムがわかっていない。
そのうち解明されると思えばいいでしょう。

ただネットで調べた多くのサイトでは「これが正しい」みたいな書き方をしているので注意してください。

 

 

そもそもですね、
現状ニキビに対して科学的にわかっている事が唯一あります。

男性ホルモンは皮脂分泌を促進している

これだけです。

 

で、男性ホルモンが皮脂分泌を促進させているならばきっとその皮脂が詰まってニキビになっているに違いない、というのがちょっと前から共有されていて今現在も続いているニキビ業界の考え方です。

 

 

だからだと思いますが、じゃあ皮脂を洗い流したらニキビはできないはずだよね、とプロアクティブなんか流行りましたよね。

洗顔ブームが来たわけです。

 

まとめると、

 

皮膚科の先生方
「男性ホルモンが皮脂分泌して毛穴につまるからニキビになる」

化粧品メーカー
「じゃあ洗顔をしっかりしよう、そうすればニキビはできないよ」

消費者
「洗顔しっかりしてるけど、ニキビできるよ、、、、」

今現在:皮膚科の先生方・化粧品メーカー・消費者
「どうやら皮脂だけが原因ではないみたいだ、もしかしたら乾燥かもしれない」

という感じになっています。

 

 

でですね、皮膚科の先生方が研究してくれるならいいのですが、研究ってすぐにはできませんし時間とお金がかなりかかります。

ホルモンを研究するのも大変なのにホルモンとニキビの関連性なんてもっと難しいです。
ちゃんと研究して学会で発表して認められて初めて「ニキビの原因はこうだ!!」と言えますからね。

そもそもニキビに対してそこまで時間をかけれないので、、、、

 

そういうわけで現状ニキビについては亀の歩みなのです。

 

ニキビが出来る人は肌の水分量が少ない!

だから化粧品メーカーが独自に研究していくしかないのですよね。
それで富士フイルムが独自にした研究でおもしろい成果を発表しました。
ニキビの原因は肌の水分量不足
今までの考え方では「ニキビは男性ホルモンが皮脂分泌して毛穴につまってニキビができる」だったのですが、調べていたらニキビが出来る前と後で比べても油分量(皮脂量)に変化はなかった
つまり皮脂は関係ないよねということです。

 

化粧品メーカーなのでホルモンなんかはわかりませんが、ニキビが出来る人、ニキビが出来ない人と比較して何が違うのか調べたらニキビが出来る人は肌の水分量が低かった、というデータがでたのです。

ようは乾燥してると。

 

で、普段はニキビが出来ないけど生理前にニキビが出来る人を調べたら生理前に肌の水分量が減っているデータが取れた。

これおもしろいですよね。
ニキビが出来る人の共通項目として肌の水分量が少ないというものがある。

このように生理に関係しそうな女性ホルモンや男性ホルモンの働きについて色々調べても、ホルモンには色んな作用があって、どれがどのくらいニキビに大きな影響を与えるのかなんてもう混乱してきてわからない状態です。

しかも対策すると言っても、ホルモンの量を調整するために、毎回ピル飲んだり、ホルモン注射できますかって話です。

 

はっきり言って、クレーター姉御としてはそこまでホルモンを気にする必要はないと思います。
じゃあ生理前にニキビ出来ないためにはどうしたらいいのと思いますが、富士フィルムの言葉を借りるなら特に保湿に心がけた方がいいということです。

 

こう言う風に化粧品メーカーが頑張っているのはいいことですよね。
ホルモンうんぬんかんぬんを気にするよりも、生理1週間前からは特に保湿に気を付けましょう 。

ホルモン量は簡単に調整できませんが、水分はいくらでも入れられますからね。

 

というかクレーター姉御は生理とか気にせずにニキビができているので、、、生理になったからといってニキビができた、肌荒れになった感覚というのがあまりありません。

悲しいかな。

コメントを残す