チョコレートを食べるとニキビができるのか

 

チョコレートを食べたらニキビができた気がするのですが実際のところどうなのでしょうか。チョコに限らず甘いものを食べるとニキビができやすいのでしょうか。

 

チョコレートを食べてもニキビはできません

 

チョコを食べるとニキビができるという説はデマです!

 

ある特定の食べ物を食べるとニキビが“出来る・増える”という直接的な関係はないと過去の実験で証明されています。
チョコレートを食べてもニキビが出来ない、増えないことについても過去様々な実験が行われて証明されています。
チョコを食べてニキビができたと思ったとしても何か他に原因があります

 

例えばアメリカ食品医薬局(FDA)は、「特定の食品がニキビの原因となるということは科学的には考えられない」と述べています。
【アメリカ食品医薬局実験】食品はニキビに関係ない

この写真はアメリカ食品医薬局が出しているもので、もちろん英語です。

なんて書いてあるかと言うと、チョコレートや油もの、ピザ(なんでピザがわかりません。海外では頻繁に食べているからでしょうか)などを食べても、そのせいでニキビができることはありませんよ、です。
つまり食べ物とニキビには科学的な関連性がありませんと証明しています。

 

またフィラデルフィア大学ではチョコレートバーを使って、チョコをたくさん食べることとニキビが発生することとは、直接の関係はないという実験結果を出しました。

 

【フィラデルフィア大学実験】ニキビとチョコは関係ない

 

いずれも社会的に権威ある機関が研究して論文などで発表したものなので信憑性はあります。
ただ、疑問に思いませんか。

なんで日本の研究機関はチョコレートを食べたらニキビができるのかについて何も発表してないのだろう、と。

 

わざわざ研究する価値がないからです。
誤解しないでほしいのですが、もっともっと研究すべき事が世の中にはたくさんあります。
命にかかわることとか特に重要です。

 

だからお金をかけて研究するならそちらを優先するのは当然ですよね。
そもそも以前に、食べ物を食べてもニキビができないのは皮膚科の先生の間では常識なので研究する必要性がないのです。

 

ですがなぜか世間一般ではなんとなくチョコなどの甘いものを食べたらニキビができるかもしれない、、、と思い込んでいます。間違った常識を当たり前のように信じているのは怖いですよね。

 

ニキビが“出来る”ことには関係なくても、ニキビを“治す”ために必要な肌の回復力が糖分やら脂質やらを過剰に摂りすぎると良くないよ~など、食べ物とニキビの関連性には色んな噂が蔓延しています。

このような諸説には、美容業界の闇である、化粧品や美容食品を買ってもらうために、その効果を立証するための理由として使っているものも多々あって、その1つ1つに惑わされていてはキリがありません。

 

クレーター姉御としては、チョコ1粒を気にして生活するよりも、ニキビの原因となる乾燥を防ぐために保湿をしっかりするなど、ニキビを根本的に出来にくくするためにもっと大切なことがあるので、あまり気にしないでいいと思っています。

コメントを残す