肌きれい体験記 10記事目

ブログを初めてようやく10記事目を向かえる事ができました。

 

書き始めた時はどういう記事を書いていこうとあれこれ悩んでいましたが、
今は書くことがたくさんあってどうしようと悩んでいます。

喜ばしい事ですが結局悩んでいるのがクレーター姉御です。

 

そこでこれからどういう記事をかいていこうかなど、
ブログの方向性を少しばかり書こうかと思います。

 

クレーター姉御の振り返り

 

私がやりたいことは自分の肌をきれいにすることです。

肌荒れ、ニキビに困っているので、
改善してきれいな肌になることが一番の目標です。

肌が汚い女からの脱却です。

 

今では肌をきれいにすることは当然と思っていますが、
ブログを書く前はくだらないことだと思っていました。

そのくせ「私って肌汚いなぁ~」と半ば無意識に予防線を張っていました。
本当は女性らしさに憧れていたんですよね。
それを弟に気付かされたんですが。(弟は最近登場していません)

 

 

しかし化粧品業界を見渡してみるとあまりにも適当すぎることに驚きました

化粧品メーカーは商品を売りたいだけだし、
ネットでも信憑性のないランキングサイトが乱立しているし、
使う消費者もなんとなく雰囲気で使っている。

これだけ化粧品が出回っていても
そりゃ肌に悩む人は後を絶たないだろうなと思ってしまいます。

 

こうやって書くとちょっとキモイかもしれませんが、
自分の大事な肌なのにあまりにも考えてなさすぎる人が多すぎます。

 

私がしたいことは化粧品業界の在り方の否定ではなく、
自分でちゃんと調べて納得した化粧品を使って、
肌荒れやニキビを治してきれいな肌にすることなんです。

 

肌をきれいにするために必要な事

 

そのためにすることは3つあります。

  • 自分の肌の状態を知る

  • 自分の肌に合った化粧品を知る

  • 化粧品を使って検証していく

それで今やっているのが自分の肌の状態を知る事です。
仕事をしているのでなかなか行けませんが、
化粧品メーカーに行き肌診断をしています。

 

まだ2,3店舗しか肌診断できていませんが、
これだけでも化粧品メーカーがいかに適当なのかわかってきます。

 

診断したら必ず「すごくきれいですよ~」と言われるんです。
絶対に褒めるマニュアルがあるに違いないと思っています笑。

褒めて、でもこの部分が足りないのでこの化粧品で補ってください、
という気持ち良くさせて購入して頂く指導があると思います。

 

クレーター姉御はもっと詳しく知りたいので、
肌診断の際にBAさんに色々と聞くんですが、
ちゃんと答えてくれる人がいません。

というかよくスル―されます。

 

肌診断って自分の肌の状態を知る良い機会だと思いますが、
思った以上に甘い結果になりますし、
メーカーが自社商品を売り易い診断結果にしているので気を付けてください。

 

とは言いつつも自分の肌の状態を知らなければどうしようもないので、
詳しい肌診断ができるところを探しています。

 

あと何社か化粧品メーカーを回りつつ、
皮膚科の肌診断にも行ってみようかと思います。

 

どこの肌診断に行くのか

 

今肌診断に行こうと

  • 肌診断の結果を紙で貰えるか

  • ニキビラインがあるか

  • 20代も対象に入っているか

  • 特徴的な肌診断ができるか

 

の4つの基準からデパートに入っている化粧品メーカーを片っ端から調べています。

 

それで該当したのが以下です。

 

・ファンケル
・アルビオン
・イプサ
・ポーラ
・オルビス

 

4つの基準が全て該当しているわけではないですが、この5つの肌診断をしようと思います。
ファンケル、アルビオンは診断結果を貰えないんですけどね。
オルビスに至っては邪道なネット診断ですが、意外に丁寧な診断結果が貰えるみたいなので試してみようかと。

 

ちょっと化粧品メーカーに行くだけでも色々見えてくるもので、
不親切な所、丁寧に対応してくれる所、商品をごり押ししてくる所、
など化粧品メーカーの特徴が見えてきます

クレーター姉御はこう見えても人情に溢れる姉御なので、
親身に相談に沿って頂けると、商品を使って見たいと思うものです。

本当に勉強になりますよ。

 

 

こうして見ると少しずつですが進んでいるような気がします。
まだ何も解決していなくて肌は肌荒れ、ニキビで汚い状態ですがね。

こういう調子で体験記ブログをしていくのでよろしくお願いします。

 

と言う訳で10記事目をむかえてのクレーター姉御の今考えている事、これからどうしていくかという方向性でした。
何記事か毎にこうやって共有していけたらと思います。

 

それではありがとうございました。

コメントを残す