大人ニキビの原因はストレスって本当!?皮膚科に問い合わせてみた結果

大人ニキビの原因はストレスって本当!?皮膚科に問い合わせてみた

 

大人ニキビの原因っていったら何を思い浮かべますか?
特に大人ニキビだったら顎ニキビの原因です。

 

  • 甘いもの・油っこいもの食べすぎたせい

  • 睡眠不足等の不摂生で男性ホルモンが悪さをしたせい

  • 学校や仕事のストレスで自律神経が崩れたせい

がよく言われてますよね。

 

ニキビに限らず肌に関する悩みだったらだいたいがこれを言われます。
で、本当かよ?と思う訳です。

さもあたかも正しいように聞こえますが実際真実かどうかはわからないわけです。
だって甘いものを食べてもニキビにならない人もいますし、睡眠不足でも肌はきれいな人はいます。

 

だいたい睡眠不足ってどれくらいのことを言うのだよっ!とつっこみたくなります。
ストレスに至っては社会人はストレスフルです。毎日毎日ストレスと戦っているわけですよ。
じゃあみんなできてなきゃおかしいよねというわけです。

で、こういうことを化粧メーカーやメディアが言うから信じてる人もいます。

 

「そんなわけないじゃん!」とクレーター姉御は叫びたいわけです。
結局占いと一緒でみんな当てはまるわけですよ。

でも信じちゃう人は信じちゃうみたいな。

 

 

メーカーも商品を売りたいのでまずはみんなの注意を引かないといけませんよね。
だからなるべく多くの人が該当するようなキャッチフレーズになってしまうのです。

 

、、、と、前置きはここまでにして、今までニキビや肌荒れに関する常識を検証する記事を書いてきました。

 

  • ・甘いもの・油っこいもの食べすぎたせいでニキビはできるの?

ニキビや肌の天敵!カップラーメンを一週間食べたらどうなるのか!?
チョコレートを食べたらニキビや吹き出物ができるって本当?

 

  • ・睡眠不足等の不摂生で男性ホルモンが悪さをしたせいでニキビはできるの?

生理でニキビができるのは男性ホルモンが高まったから?
睡眠不足だとニキビはできやすいのか

 

ストレスでニキビはできるのか

 

それで今回は、
学校や仕事のストレスで自律神経が崩れたせいでニキビはできるの?

に関して書いていきます。

 

以前にも皮膚科の先生に話を聞きにいったのですがよくわからなかったのですよね。
皮膚科医にニキビについて質問攻めしてきました

ストレスで自律神経が乱れた→ニキビができる、のは科学的に証明されていないと仰っていましたが、ストレス(自律神経に関して)専門ではないからわからないとも述べていました。
わからないことはわからないと言う非常に良い皮膚科の先生でした。

 

ちなみに皮膚科の先生はなんでも知ってていつでも正しいと思ったら大間違いですよ。
何人かの先生と話して思ったのは勉強し続けている先生とそうでない先生では全然違うのです。
普通にニキビの原因は甘いもの・油ものの食べ過ぎ、寝不足、ストレスが原因と仰る先生もいます。

だから余計にますますややこしくなっているのです。

 

 

そもそもニキビができている私達にとってはニキビは大問題ですが、先生にとってはそんなことありません。
ニキビの他にももっと力を入れるべき症状の方への対応でニキビどころではありません。

実際ニキビは皮脂が毛穴に詰まってアクネ菌が炎症して起こるのですが、なぜ詰まるのかはわかっていません。
つまり直接の原因はわからないのです。

マジで!

今でも研究熱心な皮膚科の先生は自分の所に診察に来た患者さんで臨床実験を行っています。

 

皮膚科医にストレスとニキビの関連性を聞いてみた

 

さてさて、私の頼れる先生は自律神経関しては詳しくわからない(もちろんそれなりに知っていますが曖昧な事は言えないのがポリシー)と仰っていたので、じゃあストレス(自律神経系)に詳しい先生に聞いてみよう!とクレーター姉御は考えました。

 

そう、私は基本的に詳しい人に直接聞こう!の丸投げスタイルです。笑

 

で、googleで検索していたらjust answer(ジャストアンサー)なるものを見つけました。

ヤフー知恵袋の回答者が専門家やお医者さんで、回答に納得したらお金を払うシステムです。
今の時代はすごいですね~。

 

それで早速下記の質問をしてみました。
大人ニキビの原因はストレスって本当!?皮膚科に問い合わせてみた

 

この質問では「ストレスとニキビの関係性」についてお伺いしたいです。

一般的にストレスはニキビが出来る原因になると言われていますが、 ストレスがニキビに与える影響は科学的に証明されているのでしょうか。
証明されているならば、英語でもいいのでネット上に参考になる文献があれば教えてください。

また、回答して下さる先生の立場からすると、ストレスはニキビに影響を与えるとお考えでしょうか。
その理由も教えてください。
(例えば、ストレスがかかると、脳下垂体から男性ホルモンが出たり、交感神経が活発になりノルアドレナリンが出る。これらが皮脂分泌を促進するからなど)

私が疑問に思っているのは、ニキビには様々な要因がありますが、ストレスはニキビができる必須条件ではなく、多くある要因の中の1つに過ぎないのではないかということです。

ニキビを改善する上で、ストレスをどこまで気にしたらいいのか判断したく、ご意見をお伺いしたいです。

 

 

すると、1日後ぐらいにこのように回答頂きました。
大人ニキビの原因はストレス。皮膚科に問い合わせてみた(返信

臨床試験で94人の生徒において試験の時と夏休みの間のニキビのひどさと皮脂の産生を比較しました。
皮脂の産生はストレスと関係はしてないようにみえますがニキビのひどくなることは関係があるように見えました。

他の臨床試験では22人の大学生で試験の間にニキビがひどくなるように思えました。
ストレスに関係している副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)の受容体が皮脂腺に存在しています。

皮脂腺細胞は普通の皮膚やニキビのない皮膚よりニキビのある皮膚でCRHの強い染色を示しました。
さらなら研究が必要ですが、それらのことはCRHがストセルによるニキビの悪化に関係していることが示唆されました。

参考文献として下記を教えて頂きました。

40
PubMed

TI

Patient concepts and misconceptions about acne.

AU

Rasmussen JE, Smith SB

SO

Arch Dermatol. 1983;119(7):570.

A questionnaire was completed by 178 patients and relatives with dermatologic conditions as the first phase of a two-part study of the interrelationships between understanding and treatment compliance. Substantial numbers of those surveyed had ideas about cause, treatment, and prognosis that might adversely affect therapy. Diet, dirt, soap and water, topically applied acne gels, and realistic expectations for cures seem to be the most important subjects to emphasize in the written or oral “teaching” of patients with acne.

AD

PMID

6222703

41

PubMed

TI

Perceptions of acne vulgaris in final year medical student written examination answers.

AU

Green J, Sinclair RD

SO

Australas J Dermatol. 2001;42(2):98.

Misconceptions exist in the community regarding factors that exacerbate acne vulgaris. In particular stress, diet, lifestyle and personal hygiene are often erroneously claimed to be important factors. In order to investigate whether these common misconceptions persist in medical graduates, we analysed the answers of 215 sixth year medical students, who all subsequently graduated from The University of Melbourne, to a short-answer question on acne management and exacerbating factors in one of their final year examination papers. With respect to exacerbating factors, 67% of students identified stress, 10% identified lifestyle factors (smoking and alcohol consumption), and 25% claimed poor facial hygiene exacerbated acne. Diet was stated to be an important factor by 41% of students, of whom 12% specifically mentioned chocolate. Persistence of these misconceptions among medical graduates is likely to perpetuate misinformation in the community.

AD

Department of Medicine (Dermatology), The University of Melbourne, St Vincent’s Hospital, Melbourne, Victoria, Australia.

PMID

11309030

42

PubMed

TI

Study of psychological stress, sebum production and acne vulgaris in adolescents.

AU

Yosipovitch G, Tang M, Dawn AG, Chen M, Goh CL, Huak Y, Seng LF

SO

Acta Derm Venereol. 2007;87(2):135.

Sebum production is thought to play a major role in acne vulgaris in adolescents. Psychological stress may exacerbate acne; however, it is not known whether the perceived association between stress and acne exacerbation is due to increased sebum production. The aims of this study were to determine: (i) if psychological stress in adolescents is associated with increased sebum production; and (ii) if stress is associated with increased acne severity independent of, or in conjunction with, increased sebum production. Ninety-four secondary school students in Singapore (mean age 14.9 years) were enrolled in this prospective cohort study. During a high stress condition (prior to mid-year examinations) and a low stress condition (during the summer holidays), the following were evaluated: (i) self-reported stress level using the Perceived Stress Scale; (ii) sebum level at baseline and at 1 h; and (iii) acne severity. The prevalence of self-reported acne in this study population was high (95% in males and 92% in females). Most subjects had mild to moderate acne. Sebum measurements did not differ significantly between the high stress and low stress conditions. For the study population as a whole, we observed a statistically significant positive correlation (r=0.23, p=0.029) between stress levels and severity of acne papulopustulosa. In adolescents, psychological stress does not appear to affect the quantity of sebum production. The study suggests a significant association between stress and severity of acne papulopustulosa, especially in males. Increased acne severity associated with stress may result from factors other than sebum quantity.

AD

Department of Dermatology, Wake Forest University School of Medicine, Winston-Salem, North Carolina 27157, USA. gyosipov@wfubmc.edu

PMID

17340019

43

PubMed

TI

The response of skin disease to stress: changes in the severity of acne vulgaris as affected by examination stress.

AU

Chiu A, Chon SY, Kimball AB

SO

Arch Dermatol. 2003;139(7):897.

BACKGROUND: Although emotional stress has long been suspected to exacerbate acne vulgaris, previous reports addressing its influence on acne severity have been mainly anecdotal.

OBJECTIVES: To elucidate the possible relationship between stress and acne exacerbation by evaluating changes in acne severity during nonexamination and examination periods and to assess the possible relationship of these changes in severity with perceived examination stress by using previously validated scales measuring acne severity and perceived stress.

DESIGN: Prospective cohort study.

SETTING: General university community.

PARTICIPANTS: A volunteer sample of 22 university students (15 women and 7 men) with a minimum acne vulgaris severity of 0.5 on the photonumeric Leeds acne scale (baseline scores, 0.50-1.75).

MAIN OUTCOME MEASURES: Participants were graded on their acne severity using the Leeds acne scale, and had their subjective stress levels assessed with the Perceived Stress Scale questionnaire during both nonexamination and examination periods.

RESULTS: Subjects had a higher mean grade of acne severity and mean perceived stress score (P

CONCLUSIONS: Patients with acne may experience worsening of the disease during examinations. Furthermore, changes in acne severity correlate highly with increasing stress, suggesting that emotional stress from external sources may have a significant influence on acne.

AD

Department of Dermatology, Stanford University School of Medicine, Stanford, CA 94305-5334, USA.

PMID

12873885

44

PubMed

TI

Involvement of the corticotropin-releasing hormone system in the pathogenesis of acne vulgaris.

AU

Ganceviciene R, Graziene V, Fimmel S, Zouboulis CC

SO

Br J Dermatol. 2009;160(2):345.

BACKGROUND: The sebaceous gland exhibits an independent peripheral endocrine function and expresses receptors for neuropeptides. Previous reports have confirmed the presence of a complete corticotropin-releasing hormone (CRH) system in human sebocytes in vitro. The capability of hypothalamic CRH to induce lipid synthesis, induce steroidogenesis and interact with testosterone and growth hormone implicates a possibility of its involvement in the clinical development of acne.

OBJECTIVES: The purpose of the study was to detect expression changes of CRH/CRH binding protein (CRHBP)/CRH receptors (CRHRs) in acne-involved skin, especially in the sebaceous glands.

METHODS: Expression of CRH/CRHBP/CRHRs was analysed by immunohistochemistry in biopsies from facial skin of 33 patients with acne, noninvolved thigh skin of the same patients and normal skin of eight age-matched healthy volunteers.

RESULTS: Very strong positive reaction for CRH was observed in acne-involved skin in all types of sebaceous gland cells, irrespective of their differentiation stage, whereas in noninvolved and normal skin sebaceous glands exhibited a weaker CRH staining depending upon the differentiation stage of sebocytes. The strongest reaction for CRHBP in acne-involved sebaceous glands was in differentiating sebocytes. CRHR-1 and CRHR-2 exhibited the strongest expression in sweat glands and sebaceous glands, respectively.

CONCLUSIONS: Expression of the complete CRH system is abundant in acne-involved skin, especially in the sebaceous glands, possibly activating pathways which affect immune and inflammatory processes leading to the development and stress-induced exacerbation of acne.

AD

Centre of Dermatovenereology, Vilnius University Hospital, Santariskiu Klinikos, Vilnius, Lithuania.

PMID

19077080

引用元

 

Patients and clinicians commonly believe that psychological stress can exacerbate acne [40,41]. A prospective cohort study in 94 secondary school students compared acne severity and sebum production at times of high stress (midterm examinations) and low stress (summer holidays) [42]. Sebum production did not appear to be related to stress, but acne severity, as assessed by an examiner blinded to the hypothesis of the study, did appear to be associated with stress, particularly in boys.

Similarly, a study of 22 university students found that acne severity appeared to have some correlation with stress around the time of school examinations [43].

Receptors for corticotropin releasing hormone (CRH), a hormone involved in the stress response, are present in human sebaceous glands [44]. Sebaceous gland cells exhibit stronger staining for CRH in acne-involved skin than in normal or uninvolved skin. Although additional studies are necessary, these findings suggest that the CRH system may participate in the occurrence of stress-exacerbated acne.

引用元

 

返信を見た瞬間???でした。
さすがお医者さんです。専門的すぎてわからないレベルですね。

 

めげずに解読した結果、

要は海外で学生を使って臨床試験をしてニキビとストレスの関係を調べたそうです。
どんな実験かというと、大学生に集まってもらって試験期間と夏休み中ではどちらがニキビができやすいかです。
海外の大学の試験は地獄ですからね。
(知らないけど、、、)

 

で、どっちの方がニキビが出来たかというと、
試験期間の時の方がニキビが出来ている人が多かったそうです。

そうなるとストレスによって試験期間の時の方が皮脂の分泌量が増えた、となるはずですが、
皮脂の分泌量は違いがありませんでした

 

 

もうわけわかめです。

 

 

もう一つ重要な事がわかったのですが、どうやらCRHという副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンがニキビに関係しているかもしれないということです。

ニキビができた部位・場所の皮脂線を調べたらの副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)の受容体が存在していて、ストレスを感じると副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)が皮脂をより分泌するかもしれない、ということらしいです。

でも試験期間と夏休みで比較しても皮脂量の分泌に違いはなかった、と書いてあるのでもうなにがなにやらわかりませんね。

 

臨床試験なのでまだ正式に学会で認められたわけではありません。
ですが先生はストレスとニキビは関係あるかもよ!との主張です。

 

クレーター姉御は悩み続けました。
もう3日ほど唸ってました。

結局ストレスとニキビは関係あるのかわからないからです。

 

結局ストレスはニキビに直接関係あるのか

 

もうお手上げ状態になり再度質問してみました。

大人ニキビの原因はストレスって本当!?皮膚科に問い合わせてみた

 

回答を頂き、ありがとうございます。

ご返信が遅くなり、失礼しました。
ストレスとニキビに関する文献を送って下さり、内容を理解しました。
ですが、最初質問した内容について、回答を頂きたい点があるので、再度質問させてもらいます。

 

最初に質問した内容に戻りますが、先生の意見としては、ストレスは他のニキビの原因に比べて、非常に大きな原因になるとお考えでしょうか。

 

私が疑問に思っているのは、ニキビには様々な原因がありますが、ストレスはニキビができる必須条件ではなく、ストレスがあるとニキビが出来やすくなる可能性がある”という程度の、ニキビの発生する原因のほんの1つに過ぎないのではないかということです。

 

ニキビを改善する上で、ストレスをどこまで気にしたらいいのか判断したく、ご意見をお伺いしたいです。

 

 

 

すると、

ドクターからの回答。大人ニキビの原因はストレスって本当!?皮膚科に問い合わせてみた

 

次の4つがにきびの主な原因となります:

毛嚢の過角質化

皮脂産生の増加
毛嚢内のアクネ菌
炎症

ストレスはその主な原因ではありません

との返答を頂けました。

 

 

なんじゃそらー。
ストレス関係ないんかい!!!

 

 

後藤先生ありがとうございました。
医学の道は深く険しいですね。

今後も精進します。

コメントを残す