皮膚科の先生にニキビについて質問してみた

皮膚科でニキビの事を聞いてみた

こんちには、クレーター姉御です。

 

 

みなさんはニキビができたらどうしますか。
意外にもニキビができたら皮膚科に行く人は少ないみたいですね。
まぁ抵抗があるのはすごくわかります。

 

 

それもそのはず、先生と言われている人達はいまいちわかりにくいのですよね。
曲者が多いと言うか。

肌の事を一番知っているのは皮膚科の先生のはずだからちゃんとわかりやすく説明すれば、
ニキビを含めて肌に悩む事がなくなると思うのでけどね。

 

 

クレーター姉御はこのニキビブログを書いていくに当たって色々調べながら書いています。
基本的に行動重視です。
本を買ったり、コスメカウンターで肌診断してもらってBAさんと話したり、問い合わせしたりなどなど自分の目で実際に確かめて判断しています。

ネットの情報は結構適当な物が多いのでね。
ですがやはり疑問点が出てきます。

 

私はただの文系の大学を出ただけの素人ですので、肌の事なんて学問的には何も知りません。
ニキビが出来る事に関してはプロですが、、、。
そうなると結局皮膚科学に詳しい人=皮膚科の先生に聞かなければ疑問は解決できません。

 

なんですけどこれが中々難しくて。
さっきも言いましたが(皮膚科の)先生は曲者が多くてちゃんと取り合ってくれる人がいないのです。
やけに上から目線で「いいからこれをしなさい!」と言う先生、やたらとピーリングを勧めてきて会話にならない先生、とにかく元気でおせっかいやおばあちゃん先生などなどです。

 

 

皮膚科のニキビ診療

 

みなさんは皮膚科でのニキビ診療の流れについて知っていますか?

 

私「ニキビに困っています」

先生「ディフェリンゲル出しますね」

もしくは、

先生「ビタミンC導入、ピーリングしますか?」

だいたいこんな感じです。ただこれだけです。

 

 

またニキビの原因として下記のような事を言われます。

・油分の取りすぎ
・不規則な生活をしている
・油分が入っている化粧品はダメ

とにかくニキビ患者が来たらこれっ!という風に決まっています
結構適当なのですよね。

 

ですが、ちゃんとした理由がわからないのです。

・なぜ油分の取りすぎでニキビができるの
・なぜ不規則な生活をしているとニキビができるの
・なぜ油分が入っている化粧品はダメなの

皮膚科の先生が言うから「そうなのか」と思って日常生活を改善していたのですが、
ニキビが治っていかないのですよね。

ディフェリンゲルを塗ったりや漢方の清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)を飲んだら確かに一時的には治る兆しがあるのですが、やめたらまたできてくるのです。

 

なぜ油分を取ったらニキビができるのですか?

 

と聞いても「油分を取ったら皮脂が増えるからです」と返答があったら納得してしまうかもしれないですが、
これ全然理由になってないですからね。

結局コスメカウンターのBAさんと同じか、、、となってしまいます。

 

信頼できる皮膚科の先生

 

ですがようやく落ち着けて話せる先生に出会えたのです。

30代半ばのなんとなく幸薄そうな女性の先生。会った瞬間この人だ、と思いました。
また論理的に話す方で、科学的に証明されてるかどうか、わからないならわからないとちゃんと言ってくれました。

 

私はまず、ニキビのできる原因について聞いてみました。
世間一般ではニキビができる原因にこのように言われています。

例えば、

・甘いもの・油っこいもの食べすぎたせい
・睡眠不足等の不摂生で男性ホルモンが悪さをしたせい
・学校や仕事のストレスで自律神経が崩れたせい

 

私としても実際にどうなのだろうと、個人的に興味があったので聞いてみました。

すると、「皮膚科学的には証明されていない」とのこと。

 

!!!

 

私達は甘いものを食べすぎたら、睡眠不足など不摂生な生活をしたら、ストレスを貯め過ぎたらニキビが出ると思っています。しかし科学的には証明されていないからそんなこと言えない、というかわからないということです。

 

マジか!

 

もっと具体的に説明すると、
私たちはニキビの根本の原因は皮脂だと考えています。

 

皮脂が過剰に分泌→毛穴が詰まる→アクネ菌が炎症する→ニキビができる

 

この図の通り、皮脂が原因なのは間違いないです。
先生も皮脂が詰まるからニキビになると言っていました。

 

ただ、

・甘いもの・油っこいもの食べすぎた→皮脂が過剰に分泌
・睡眠不足等の不摂生で男性ホルモンが悪さをした→皮脂が過剰に分泌
・学校や仕事のストレスで自律神経が崩れた→皮脂が過剰に分泌

は違うということです。
(正確には科学的には証明されていない)

 

皮膚科の裏事情

 

なんかあやしい名前ですがちょっとした裏事情を聞けました。
私達は先生先生と言っていますがそれは免許を取ればなれるわけです。
科学は日々進歩しているのでやはり常に勉強していないと追いつけないわけですね。

 

ただ日々の患者を診察しながら勉強していくのは大変だそうです。
だって文献も買わなきゃいけないですから。先生もただで見れるわけではありません。
その文献がこの上なく高いそうな、、、。
私も肌の事勉強したいので何か教えてください、と言ったら高いからやめておいた方がいいですよと言われました。

 

それでもニキビ患者にはこう対応しろみたいなマニュアル本があるみたいでそれを紹介してもらいました。

皮膚科患者の対応マニュアル本
それに先生はニキビなんて、、、、と思っているみたいでした。

ニキビの事を軽視しているわけではないですが、所詮ニキビです。
もっと命に関わるような症状や病気がたくさんあります。
ニキビよりもそちらを優先して研究していくべきだと言っていました。

 

 

だからニキビの研究はあまり進んでいないし、原因もまだわかっていないそうです。
そりゃなんで皮脂が詰まるの?よりも命を救うような研究をした方が良いに決まってますからね。

そう思うと、皮膚科の先生方の一義的な対応も納得できるような気がしました。

 

他にも質問してみました

 

ニキビを悪化させない、ニキビ改善に効果的な化粧品の基準は?

 

A、化粧品とニキビの明確な関連性は証明されていません

 

 

ニキビに良くない化粧品は?

 

A、例えば化粧水1つ3,4千円する価格帯の化粧品だったらどれを使ってもそこまで変化ないです。
昔は化粧品の中の成分が肌に悪い影響を与えるものがありましたが、現在のほとんどの化粧品はそういう成分を入れないようにしています。(ノンコメドジェニック処方など)

 

 

皮膚科が推薦する化粧品の基準は?

 

A、肌への有効成分であると証明されたもの(ビタミンC等)が入った化粧品はオススメしています。

 

 

自分の肌に合う化粧品はどうやって見極めるのか?

 

A、ちまたの化粧業界が言っていることに流されず、自分が肌で試して合うと感じたものを探し続けるべきです。

 

 

肌・ニキビ関連のお勧めの本

 

A、学術論文は先生でもお金を払わないと見れないため入手困難。

 

なんであごによくできるのか。胃腸に負担をかけているから肌がきたなくなりやすいのか

 

A、あごニキビと自律神経や胃腸の関連性も証明されていません

 

 

なんで甘いものや油ものとか食べるとニキビが出来るか仕組みがわからない

 

A、食べ物とニキビの関連性は証明されていません

 

 

夜10時~2時に寝ると肌がよくなると言われるが本当?

 

A、睡眠とニキビの関連性は証明されていません
よって、昼夜逆転等でなければそこまで気にする必要はないです。

 

肌荒れ、ニキビで皮膚科に行くなら

 

大まかにこれくらいですが、ここまで話してくれる先生は初めてでした。
わからないことはちゃんとわからないと言ってくれてすごく好印象でしたし。

先生との友情が出来た気がします。

 

印象に残っているのは、
化粧業界が言っていることに流されず、自分が肌で試して合うと感じたものを探し続けるべきと言っていた事です。
やはりそうなのかぁと。

 

結局今の時代、そんな悪い化粧品なんてないですからね。
3,4千円もだせばそこそこ良い品質の化粧品が買えますし、どこも似たりよったりと言いますか、そんな大差はないです。

そりゃ千円と一万円ぐらい違っていたら品質も違うのでしょうが。

だから自分で調べて「使ってみたい」と思ったら使ったらいいだけの話ですね。

 

それと、皮膚科を利用する時は先生もちゃんと選ぶべきです。
たかがニキビ、されどニキビ、肌って本当に大事です。
今は皮膚科でも口コミとかありますし、実際に2,3か所違う皮膚科に行けば自分に合うかどうかわかります。

 

こうやってクレーター姉御は一歩一歩成長していくのでした。

コメントを残す