クレーター姉御キレる

こんにちは、クレーター姉御です。

 

お盆が終わってもう仕事ですね。
今日は皮膚科に行ってきました。

 

治療とかではなく、ただ塗り薬のディフェリンゲルをもらうだけです。
そこで先生選びは大事だなぁとつくづく思いました。

 

だから肌汚いんだよ」 これが第一声でした。

 

リアルに耳を疑いましたよ。

 

「どうせ清潔にしてないんでしょ。化粧ちゃんと落として寝てるの?」

 

本当にこんな先生いたんだ、、、、。

確かに先生なので言っている事はただしいのですが、
肌が汚い君にもちゃんとわかるように説明してあげるよ、という姿勢がもうどうにもだめでした。

 

最初はただ呆然としていましたが、くどくど言うもので途中からイライラしてきまして、
は?(語気強め)」 と言ってしまいました。

 

しっかり調べていくべきだったと後悔しています。
それにしてもこういう先生ってまだいるんですね。

患者さんくるのかなぁと心配してしまいました。

 

話を聞いてて思いましたが、なんか説明がわかりにくいんですよね。
知識が自分の中で完結している、という表現がしっくりきます。

無駄にわかりにくいと言うのでしょうか。

 

わかりやすく説明する点では美容部員さんの方が寄り添って説明してくれるのでいいですよね。

皮膚科の先生の専門的な知識+美容部員さんの説明のうまさが合わさればいいのになぁ

 

食べログみたいに病院とか先生の評判が載っているサイトないのかな。
肌やニキビのことでいろいろと聞きたい事があるので探してみますね。

コメントを残す